ブログ

2019年6月の記事一覧

生徒会スローガン完成

 生徒全員で作成した生徒会スローガンを、校舎3階に掲げました。横断幕を取り付けるとき、校舎にすみついているムササビが逃げ出すハプニングもありましたが、無事に校舎に取り付けることができました。このスローガンのもと充実した学校生活を送ってほしいと思います。

研究授業(1年道徳)

 今日の5時間目に、1年生の教室で研究授業(道徳)を行いました。中学校の教員だけでなく、小学校の教員も全員参加、幼稚園の教員も一部参加して行いました。児童生徒が下校後、小中合同で授業についての話し合いを行い、授業改善に向けて取り組んでいます。

日曜参観日③

 参観日の午後は、親子救命救急法講習会でした。大洲消防署川上支所の方や消防団の方に指導をしてもらいました。心肺蘇生法やAEDの使い方などを教えていただきました。

日曜参観日②

 4時間目、1年生は英語の授業、3年生は国語の授業でした。1年生の英語の授業では、しっかり声を出して会話を楽しんでいました。3年生の国語の授業では、カードを使って助詞の働きについて勉強していました。保護者だけでなく、本校の卒業生も参観に来てくれていました。

 

日曜参観日①

 今日は、幼小中合同の日曜参観日でした。玄関には、子どもたちが願い事を書いた短冊を飾った七夕飾りが設置してあります。

 3時間目と4時間目の授業を公開しており、3時間目、1年生は「保健体育」、3年生は「数学」の授業でした。

 この後、午後は、「救命救急法講習会」を小学校高学年児童と保護者、教職員で実施予定です。

ふるさと学習 植生調査

1・2年生ふるさと学習で植生調査を行いました。

森林組合河辺支所の方を講師にお迎えして、稲谷峠の調査を行いました。

まずは、講義で、森林の役割について教えていただきました。

現地では、生徒4人が役割分担をして、100㎡の調査箇所をつくり、木に印をつけ、木の大きさを測定し、木の種類を後で調べるためにデジカメ撮影と葉などの採取を行いました。

とても興味深い体験ができ、河辺の森林のことがもっと知りたくなった1日でした。

   

 

  

 

大洲市喜多郡総合体育大会(陸上)

 18日(火)、宇和島市丸山公園陸上競技場において「大洲市喜多郡総合体育大会(陸上)」が開催されました。河辺中学校は、1年生から3年生まで全員が選手として参加しました。結果は、惜しくも県大会出場とはなりませんでしたが、全員よく頑張っていました。

 来週は、期末テストがあります。気持ちを切り替えて、テスト勉強に取り組みましょう。

大洲市喜多郡中学校陸上競技大会壮行会

 明日行われる「大洲市喜多郡中学校陸上競技大会」に出場する(といっても全員ですが・・・)選手の壮行会を行いました。選手一人一人が、自分が出場する種目の紹介と目標を発表した後、選手代表が選手宣誓を行いました。その後、校長先生から激励の言葉を受け、恒例の校歌絶叫です。体全体を使って、校歌を絶叫していました。選手の皆さん、明日は自己ベスト目指してがんばりましょう。

交流会 おせわになりました

 老人福祉センターの協力を得て、老人会の皆さんと3年生とで交流会をもちました。目標は、①老人会の皆さんと仲良くなること、②河辺のことをもっと知って、もっと河辺を好きになること、さらに河辺のファンを増やせるようになること、③人生の先輩にお話を伺って、これからの生き方に生かしていくことです。

 自己紹介の後、ゲームをして交流を図りました。風船ゲームや坊主めくり、絵しりとりなど、班対抗で盛り上がりました。また、諸国を世直しして回られたご隠居役をご協力いただき、一緒に某有名時代劇を演じるなど、すっかり仲良くなりました。

 レクリェーションの後は、取材です。河辺の昔の建物や食べ物、学校や仕事の様子について丁寧に教えていただきました。養蚕が盛んな頃のお話や、木炭車が走っていたお話など、昔の河辺の様子がありありと浮かんでくるような話しぶりに、生徒は真剣に聞き入りました。これから学んだことをまとめ、学芸祭で発表する予定です。交流会を通して感じたことや考えたことは、生徒の卒業後の生き方にも影響をいただいたと思います。老人会の皆様、老人福祉センターの皆様、ありがとうございました。

 

新じゃがのじゃがバター

 先日、幼稚園児と小学生が田植えに行った際、地域の方のご厚意でじゃがいもを掘らせていただき、たくさん持って帰りました。そのじゃがいもの一部をじゃがバターにして、12日(水)の給食の時間に食べました。中学生にもおすそ分けしてもらい、おいしくいただきました。

 「じゃがバター」なのに、マヨネーズをつけておいしそうにほおばる生徒もいました。